シュウメイギク(秋明菊) (キンポウゲ科)--- Anemone hupehensis var. japonica ---

シュウメイギク(秋明菊、キンポウゲ科)
 時折、名前を聞く程度で、余り馴染みのない植物でした。キク科かなと思っていたのですが、キンポウゲ科のようですね。確かに、蕾などの印象はキンポウゲの仲間っぽいかも知れませんね。
 古い時代に帰化した植物ですが、一般に目にしている個体は、栽培品種というか、交配された園芸植物というシロモノだろうととみています。
撮影 : 千葉県佐倉市 2021/09/23

科/属 キンポウゲ科/イチリンソウ属 属性(生活型) 多年草
標準和名 シュウメイギク 漢字表記 秋明菊
学名/栽培品種名 Anemone hupehensis var. japonica RDB
花期 秋:9~10月 結実期
原産地 中国、台湾 国内分布 園芸種として広く栽培されている。
自生環境
補 足 中国からの帰化種。中国では「秋冥菊」と表現される。和名は数多いが、「秋明菊」の表記が一般化している。イチリンソウの仲間であり、花びらはなく、萼片が花びらに見える。多くの園芸品種がある。

シュウメイギク(秋明菊、キンポウゲ科) シュウメイギク(秋明菊、キンポウゲ科)
きれいな花と言いたいところですが、キンポウゲ科ですから、これは大きな萼片です
撮影 : 千葉県佐倉市 2021/09/23

シュウメイギク(秋明菊、キンポウゲ科)
シュウメイギク(秋明菊、キンポウゲ科) シュウメイギク(秋明菊、キンポウゲ科)
赤紫系の色合いが多いのだそうですが、白系もあるそうで、どこかで見かけないかと期待しています
撮影 : 千葉県船橋市 2021/10/03

シュウメイギク(秋明菊、キンポウゲ科) シュウメイギク(秋明菊、キンポウゲ科)
シュウメイギク(秋明菊、キンポウゲ科)
早速、白系の花が栽培されている場所を見つけて、撮影できました
撮影 : 千葉県船橋市 2021/10/14

徒然草


 (2021/10/05) Latest Update 2021/10/14 [780KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2021 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る