タイワンホトトギス (台湾杜鵑草、ユリ科)--- Tricyrtis formosana ---

タイワンホトトギス(台湾杜鵑草、ユリ科)
 台湾では普通に見られる種とされますが、日本では西表島(沖縄県)の空中湿度が多い滝周辺などに限定分布するそうです。国内で一般に見られるホトトギスに比べると、形態も紋様もあっさりしているかも知れません。
 茎が叢生する特徴があり、鉢に植えっぱなしにしていたら、鉢いっぱいになってしまいました。地上茎も良く分枝して、多くの花を付けます。
撮影 : 千葉県佐倉市 2021年11月23日

ユリ科 ホトトギス属
分類体系 APG 属性(生活型) 多年草
標準和名 タイワンホトトギス 漢字表記 台湾杜鵑草、台湾杜鵑
学名/栽培品種名 Tricyrtis formosana Baker RDB (環境省)絶滅危惧IA類
花期 秋:10~11月 結実期 秋:11月
原産地 台湾、日本 備考
国内分布 西表島(沖縄県)に限定分布する。生息環境の悪化が報告されている。
自生環境 湿った林床、林縁部に自生する。
補 足 台湾に普通に見られる種とされる。ホトトギス属について日本、朝鮮半島などに分布するが、同属の分布は日本が中心とみられる。

タイワンホトトギス(台湾杜鵑草、ユリ科) タイワンホトトギス(台湾杜鵑草、ユリ科)
たくさんの果実はできていて、花数が多かったことが判ります
千葉県佐倉市 2021年11月23日

タイワンホトトギス(台湾杜鵑草、ユリ科)
千葉県船橋市 2022年10月2日
タイワンホトトギス(台湾杜鵑草、ユリ科) タイワンホトトギス(台湾杜鵑草、ユリ科)
比較的あっさりした紋様です ホトトギスと比べてみましょう
千葉県船橋市 2021年11月17日
名前について情報を見つけました。和名は、花びらの斑点風な模様が鳥の『ホトトギス(杜鵑)』に似ていることが命名由来です。英名では、その模様がヒキガエル風だとして『トード・リリー(Toad Lily)』、中国名では、若葉にある斑点を油の染み風だとして『ユテンソウ(油点草)』と呼ばれているそうです。

(つぶやきの棚)徒然草


 (2021/11/23) Latest Update 2022/10/07 [500KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2023 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る