ホトケノザ (シソ科)--- Lamium amplexicaule ---

ホトケノザ(シソ科)
 余り場所を選ばず、どこにでも育ちます。群生して、春、まだ寒い頃から、高い場所では初夏まで見ることができます。一つ一つの花を良く見ますと、つぼみの時にはフェルトの赤い玉。咲くと、小さなお人形のようです。「春の七草」に属するホトケノザはコオニタビラコという黄色い花です。これは知りませんでした。
撮影 : 千葉県八千代市 2021/03/15

科/属 シソ科/オドリコソウ属 属性(生活型) 越年草/一年草、蟻散布植物
標準和名 ホトケノザ 漢字表記 仏の座
学名/栽培品種名 Lamium amplexicaule L. RDB
花期 春:2~4月 結実期 春:4~6月
原産地 国内分布 ほぼ日本全国に分布。世界の温帯域に分布。
自生環境 湿地が多いが、特に場所を選ばず、大きな群落を構成する。
補 足 別名:サンガイグサ(三階草)。種子にエライオソームがあり、蟻が運ぶ。

ホトケノザ(シソ科)
撮影 : 千葉県八千代市 2006/03/20

ホトケノザ(シソ科) ホトケノザ(シソ科)
遠目にはレンゲソウのように見えます もう少し、赤みの強い個体もあるそうです
撮影 : 千葉県八千代市 1998/03/21 撮影 : 静岡県南伊豆町 1999/02/13
ホトケノザ(シソ科) ホトケノザ(シソ科)
湿気の多い場所に群生します オドリコソウにも似ています
ホトケノザ(シソ科) ホトケノザ(シソ科)
淡いピンクの花です いわゆる雑草には違いありません
撮影 : 熊本県阿蘇郡 1999/03/21

ホトケノザ(シソ科) ホトケノザ(シソ科)
ホトケノザ(シソ科)
撮影 : 千葉県八千代市 2006/03/20

ホトケノザ(シソ科)
撮影 : 長野県長野市 1999/05/02
春未だ早い時期、田のあぜ道に、ヒメオドリコソウなどと一緒に群生している姿がよく見られます。一面に拡がっていると見応えがありますね。

徒然草


 (2000/04/29) Latest Update 2021/05/18 [615KB]




あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2021 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る