四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

クルマバツクバネソウ(ユリ科)--- Paris verticillata ---

クルマバツクバネソウ(ユリ科)
 クルマバツクバネソウは「車葉衝羽根草」と書きます。花を見れば、お正月の子供あそびである羽子板(羽根つき)の羽根に似ていることが分かるでしょう。でも。花の姿が命名の由来ではないようです。
撮影 : 長野県松本市 2007/06/02
[an error occurred while processing this directive]
クルマバツクバネソウ(ユリ科) クルマバツクバネソウ(ユリ科)
上から見ると、全体の構造が分かってきます 中央の黒い部分がめしべ、周囲の黄色がおしべたち
撮影 : 長野県松本市 2004/05/29 撮影 : 長野県松本市 2007/06/02
クルマバツクバネソウ(ユリ科) クルマバツクバネソウ(ユリ科)
2段構造で、したの輪生した葉は8枚、上は4枚 実は、一つの目立たない花が下向きに出ています
撮影 : 長野県松本市 2004/05/29
クルマバツクバネソウ(ユリ科)
撮影 : 長野県松本市 2007/06/02
 この花のような姿も羽根に似ていますが、秋に果実(朔果)ができ、その形こそが羽根によく似ているのだとか。まだ見たことはありません。


(2012/10/18) Latest Update 2012/10/21 [180KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る