ミヤマエンレイソウ (深山延齢草、ユリ科)--- Trillium tschonoskii ---

ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科)
 根茎の先に、茎のない葉が3枚輪生する独特の形態をした多年草。草丈は40cm程度になる。葉脈に沿って凹むため、全体が波打っている。4~5月に葉の中央から1本の花柄を伸ばして横向きの花をつける。通常、花色は白色なので、シロバナエンレイソウとも呼ばれる。
撮影 : 群馬県渋川市 2006年5月1日

科/属 ユリ科/エンレイソウ属 属性(生活型) 多年草
標準和名 ミヤマエンレイソウ 漢字表記 深山延齢草
学名/栽培品種名 Trillium tschonoskii Maximowicz RDB
花期 春:4~5月 結実期
原産地 日本 国内分布 北海道、本州、四国に分布する。また海外ではサハリン、朝鮮半島、中国に分布する。
自生環境 山地の湿った林下などに自生する。
補 足 花には緑色の外花被片(がく片)が3枚、白色の内花被片(花弁)が3枚、多くは横向きに咲く。別名、シロバナエンレイソウ(白花延齢草

ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科) ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科)
基本的には木陰に自生するが、比較的明るい林下に群生していることがある。
撮影 : 群馬県渋川市 2006年5月1日

ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科)
撮影 : 岩手県釜石市 2006年5月6日

ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科) ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科)
ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科) ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科)
3枚の緑色の葉、3枚の緑色の外花被片、そして3枚の白い内花被片、「3」が好きなのでしょうか
撮影 : 長野県松本市 2001年6月3日

ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科)
撮影 : 群馬県利根郡片品村 2005年6月18日

ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科) ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科)
ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科)
さて、この内花被片が薄紅色の個体ですが、開花後の時間経過で変色するのだとか(未確認、注:変種とする資料があります)
撮影 : 長野県松本市 2004年5月29日
エンレイソウに対して、決して珍しいという訳ではないと思っています。よく目立つのも事実ですが、各地で見られ、個体数も少なくありません。

ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科) ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、ユリ科)
撮影 : 群馬県渋川市 2022年4月27日

(つぶやきの棚)徒然草


 (2012/10/22) Latest Update 2022/07/02 [880KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る