ハクモクレン (モクレン科)--- Magnolia denudata Desr. ---

ハクモクレン(白木蓮、モクレン科)
 きれいな乳白色の大きな花を咲かせているのはハクモクレンです。少しずつ花弁を広げていきます。ぱっと開くと、中央に黄土色の雌しべと雄しべなどが見えてきます。資料によりますと、花びらは6枚が基本で、その外側に3枚の花びらそっくりの萼片が付くので、花びらが9枚あるように見えるとのことでした。
 ハクレン(白蓮)やハクレンゲ(白蓮華)という呼び方もあるのだとか。これが咲きだすと甘い香りも漂い、いよいよ、本格的な春がやってきたという気持ちになります。
撮影 : 東京都府中市 2005年4月2日 神代植物園

モクレン科 モクレン属
分類体系 APG 属性(生活型) 落葉高木
標準和名 ハクモクレン 漢字表記 白木蓮
学名/栽培品種名 Magnolia denudata Desr. RDB
花期 春:3~4月 結実期 秋:9月
原産地 中国 備考
国内分布 庭木として全国で植えられている。
自生環境 山地に自生する(自生環境に関する情報が極めて少ない)。
補 足 早春、銀色の毛に包まれた卵型の蕾が割れて、乳白色の花を上向きに咲かせます。学名はフランスの植物学者名に由来します。古い時代(白亜紀)の化石に近縁種が見られるようです。

ハクモクレン(白木蓮、モクレン科) ハクモクレン(白木蓮、モクレン科)
ハクモクレン(白木蓮、モクレン科) ハクモクレン(白木蓮、モクレン科)
千葉県八千代市 2009年3月19日

ハクモクレン(白木蓮、モクレン科) ハクモクレン(白木蓮、モクレン科)
冬芽は柔らかい毛に覆われていて、開花すると、こんな感じ!
ハクモクレン(白木蓮、モクレン科)
千葉県千葉市 2016年3月21日

ハクモクレン(白木蓮、モクレン科) ハクモクレン(白木蓮、モクレン科)
数は少ない果実がありました 来春向けの冬芽もありました
千葉県佐倉市 2021年9月23日

ハクモクレン(白木蓮、モクレン科)

とても大きな樹木を見ました。

花は良く似ていますが、これはハクモクレンでしょうか?

元来は、これぐらいの樹木になるものだそうです。

ただ、枝の様子が異なるような気がしています。

千葉県千葉市 2008年3月29日

(つぶやきの棚)徒然草


 (2011/03/19) Latest Update 2022/12/22 [675KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2023 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る