四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/05/22 - 238 -

ナノハナ(アブラナ科)--- Brassica rapa ---

ナノハナ(アブラナ科)
 菜の花だと思って撮影しています。ただ、アブラナ科の植物はよく似ていて、区別が難しいと聞いています。これは菜の花ですよね・・・。因みに、「菜の花」という言葉は総称であって、アブラナ(油菜)と呼ぶ方が良いにかも知れませんが、ここは自分の感覚を優先させていただきましょう(笑)。
 写真は古くから日本に自生している種ではなく、西洋種だろうと推測しています。岩手県の写真はイーハトーブ花巻の北上川畔で撮影したものです。
撮影 : 岩手県花巻市 2002/04/06

科/属 アブラナ科/アブラナ属 属性(生活型) 一年草
標準和名 ナノハナ 漢字表記 菜の花
学 名 Brassica rapa RDB
開花期 春:3~5月 結実期
原産地 西アジ化、北欧、中国 国内分布 全国で農産物として植裁される。
自生環境 古い時代に渡来した種は葉野菜として栽培されている。花が咲くのはセイヨウアブラナであることが多い。
補 足 放射性物質を吸収する特性があるとされ、除染目的で利用されることがあるという。複数の資料に、学名としてBrassica campestrisも見られる。

ナノハナ(アブラナ科) ナノハナ(アブラナ科)
ミツバチの仲間がやってきた
ナノハナ(アブラナ科)
岩手県花巻市 2005/05/22
ナノハナ(アブラナ科)
千葉県市原市 2008/04/16
 ちょっと牧歌的な雰囲気の場所を見つけました。単線の線路周辺に菜の花が咲き乱れています。この線路は決して廃線ではなく、現役で活用されています。
ナノハナ(アブラナ科) ナノハナ(アブラナ科)
ナノハナ(アブラナ科)
青森県横浜町 2008/05/08

ナノハナ(アブラナ科)
宮崎県西都市 2008/05/08

ナノハナ(アブラナ科)
ナノハナ(アブラナ科) ナノハナ(アブラナ科)
撮影 : 千葉県柏市(旧沼南町) 2005/03/26
 一面の菜の花畑です。風に乗って独特な甘い香りがして、昆虫たちが集まります。日中は淡い黄色に見えます。夕方になると色が濃くなって別の風情になります。

徒然草 2016/03/29 2016/04/24      
2016/03/29 2016/04/24      

(2012/11/16) Latest Update 2016/04/24 [765KB]






あなたは2001年3月20日から 人目のお客様です Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る