四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

ニリンソウ(キンポウゲ科)--- Anemone flaccida ---

同属 イチリンソウ  
ニリンソウ(キンポウゲ科)
 茎に2輪の花が咲くと言われますが、必ず2輪というわけではありません。湿り気のある場所を好み、群生する多年草です。ところで、白い花びらに見える部分は実は萼(がく)で、花びらは『無い』のだそうです。驚きますね。
撮影 : 北海道室蘭市 2010/05/11

科/属 キンポウゲ科/イチリンソウ属 属性(生活型) 多年草
標準和名 ニリンソウ 漢字表記 二輪草
学 名 Anemone flaccida F. Schmidt. RDB
開花期 春:3~4月 結実期
原産地 日本~中国 国内分布 沖縄を除くほぼ全国に分布。東アジアからロシアまで見られる。
自生環境 低山の林床や林縁の湿った沢沿いなどに群落を作る
補 足 地下の根茎で繁殖して群落をつくる傾向がある。

ニリンソウ(キンポウゲ科)
ニリンソウ(キンポウゲ科) ニリンソウ(キンポウゲ科)
ニリンソウ(キンポウゲ科)
千葉県千葉市 2010/04/10
ニリンソウ(キンポウゲ科) ニリンソウ(キンポウゲ科)
路肩敷を埋め尽くすように花が咲いていました 驚いたことに、幹線道路の路肩で見られます
ニリンソウ(キンポウゲ科) ニリンソウ(キンポウゲ科)
東京都八王子市 1999/04/04 高尾山 静岡都焼津市 2000/05/02 高草山
ニリンソウ(キンポウゲ科)
開いた花が一つと蕾が2つありますから、計3輪ということになりますね
撮影 : 岩手県北上市 1998/04/26 展勝地

ニリンソウ(キンポウゲ科) ニリンソウ(キンポウゲ科)
蕾の外側がほんのり桜色をしていました ニリンソウを撮影した原点がここでした
北海道室蘭市 2010/05/11 地球岬 東京都八王子市 2005/04/17 高尾山

徒然草 2014/05/12        
2014/05/12        

(2000/01/16) Latest Update 2014/05/12 [585KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る