スイバ (タデ科)--- Rumex acetosa ---

スイバ(タデ科)
 小さい頃から良く知っている植物ですが、名前を知らなかったですね。勿論、今は知っています(笑)。姉がままごとに使っていました。それは、主に「葉」でしたが、花もおもしろいですね。これは雌株の花、雌花です。若い茎葉は食用になり、存外、おいしいそうです。
 草丈が50cmから、大きいものでは1mにもなる大型の植物です。根生葉には柄がありますが、茎生葉にはありません。
 春の河川敷を赤く染めることもありますね。ただし、夏場には虫だらけになり、葉はボロボロになっていることが多いようです。
撮影 : 千葉県船橋市 2016/04/15(雌株)

科/属 タデ科/ギシギシ属 属性(生活型) 多年草
標準和名 スイバ 漢字表記 蓚・酸い葉
学 名 Rumex acetosa L. RDB
花期 春から初夏:4~6月 結実期 夏から初秋
原産地 北半球 国内分布 日本全国、北半球に広く分布。
自生環境 日本全国の野原や河川敷など、やや湿った場所に自生する。
補 足 別名:ギシギシ、スカンポ。ただし、ギシギシという同属の植物がある。ギシギシ属とする資料もある。雌雄異株。草丈50cm以上の大型の多年草。

スイバ(タデ科) スイバ(タデ科)
撮影 : 千葉県船橋市 2016/04/15(雌株)

スイバ(タデ科) スイバ(タデ科)
撮影 : 千葉県船橋市 2018/04/26(果実期)
スイバ(タデ科) スイバ(タデ科)
撮影 : 千葉県船橋市 2020/05/13(果実期)

スイバ(タデ科)
撮影 : 茨城県古河市 2006/05/21(果実期)

 今日のTV番組に緑色のスイバのスープが登場していました。世界中で食用に供されているというのは事実のようですね。


徒然草


 (2016/05/12) Latest Update 2020/07/02 [345KB]




あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2020 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る