四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

ショウジョウバカマ(シュロソウ科)--- Helonias orientalis ---

ショウジョウバカマ(シュロソウ科)
 春、早い時期から、場所によって初夏まで見られます。ピンク色の比較的草丈の高い植物。能生の『猩々』から命名されたとのことですが、猩々ってよく分かりませんよね。花色が白いシロショウジョウバカマと九州に分布するツクシショウジョウバカマがあります。
撮影 : 群馬県利根郡 2006年6月12日

科/属 シュロソウ科/ショウジョウバカマ属 属性(生活型) 多年草
標準和名 ショウジョウバカマ 漢字表記 猩々袴
学 名 Helonias orientalis (Thunb.) Tanaka RDB
開花期 春:3~6月 結実期
原産地 日本 国内分布 ほぼ日本全国、海外では朝鮮半島、サハリンで見られる。
自生環境 山地、湿原など、少し湿った土壌。垂直分布の幅が広いことが知られ、平地から高層湿原まで分布している。
補 足 「猩々」は中国の伝説上の存在で、赤い顔をして酒を好む動物。転じて赤みを帯びたものを差します。一方、「袴」は葉の様子を表しているとされる。

ヤクシマショウジョウバカマ(シュロソウ科) ヤクシマショウジョウバカマ(シュロソウ科)
撮影 : 群馬県利根郡 2006年6月12日

ヤクシマショウジョウバカマ(シュロソウ科) ヤクシマショウジョウバカマ(シュロソウ科)
撮影 : 群馬県利根郡 2012年5月11日

撮影 : 長野県長野市 1999年5月3日

ショウジョウバカマ(シュロソウ科)
撮影 : 群馬県利根郡 2006年6月12日

ヤクシマショウジョウバカマ(シュロソウ科) 京成バラ園は季節はずれでも楽しい!

それはバラエティに富んだ

いろいろな苗も扱っているからです


← ヤクシマショウジョウバカマ
撮影 : 千葉県八千代市 2001年3月20日 栽培


属名が変化しているようです。 Helonipsis Helonias
因みに、ユリ科(後にシュロソウ科)に分類されていましたが、APG植物分類体系ではメランチウム科に分類されています。

(1999/07/15) Latest Update 2016/01/06 [550KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る