ハナムグラ (アカネ科)--- Galium dahuricum var. tokyoense (Makino) Cufod. ---

ハナムグラ(アカネ科)
 絶滅危惧種と言われて久しいアカネ科のハナムグラ(花葎)です。自然保護がうまくいって、ランクを一つ下げたという話を聞いたことがあります。絶滅危惧のランクなら、幾らでも下げて欲しいところですね。
 ところで、これって、ハナムグラですよね(今更ながら)。珍しい植物なのだそうですが、たまたま、普通に見ていましたので、ピンと来ていないのです(笑)。
撮影 : 茨城県坂東市 2020/06/09

科/属 アカネ科/ヤエムグラ属 属性(生活型) 多年草
標準和名 ハナムグラ 漢字表記 花葎
学 名 Galium dahuricum var. tokyoense (Makino) Cufod. RDB 絶滅危惧Ⅱ類(VU)
花期 初夏:5~6月 結実期
原産地 日本 国内分布 関東、中部地方に稀産する。
自生環境 川岸などの湿地。
補 足 本州の北中部の低地の湿地に稀に見られる。絶滅危惧種。

ハナムグラ(アカネ科) ハナムグラ(アカネ科)
絶滅危惧IB類(EN)から 絶滅危惧Ⅱ類(VU)に見直された経緯がある。

葎(むぐら)って難読漢字ですよね。どこでも見られる類の夏の雑草に八重葎(ヤエムグラ)があります。その仲間で、白くて小さい花が咲く、近縁種だとか。

徒然草


 (2020/06/12) Latest Update 2020/07/02 [230KB]




あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2020 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る