キカラスウリ (黄烏瓜、ウリ科)--- Trichosanthes kirilowii var. japonica (Miq.) Kitam. ---

キカラスウリ(黄烏瓜、ウリ科)
 カラスウリのページに同居していましたが、晴れて、分離・独立ページを構成してみました。
 キカラスウリはカラスウリと同属の別種です。花の咲き出す時間帯も違いますが、まず、葉の表面に光沢があり、毛だらけのカラスウリとは容易に区別できます。
撮影 : 千葉県船橋市 2022年8月7日

ウリ科 カラスウリ属
分類体系 APG 属性(生活型) 多年草、つる性植物
標準和名 キカラスウリ 漢字表記 黄烏瓜
学名/栽培品種名 Trichosanthes kirilowii Maxim. var. japonica (Miq.) Kitam. RDB
花期 夏:7~9月 結実期 秋:10~11月
原産地 日本 備考
国内分布 国内では北海道から九州までほぼ全国に分布する。
自生環境 山麓,、荒れ地、川端などで見られます。
補 足 基本種であるチョウセンカラスウリはエイズに効く薬として注目されている。基本種同様、漢方処方に用いられる。

キカラスウリ(黄烏瓜、ウリ科) キカラスウリ(黄烏瓜、ウリ科)
撮影 : 岩手県奥州市 2017年8月8日

キカラスウリ(黄烏瓜、ウリ科) キカラスウリ(黄烏瓜、ウリ科)
キカラスウリ(黄烏瓜、ウリ科) キカラスウリ(黄烏瓜、ウリ科)
 光沢があるハート型の葉が特徴   葉が庭木を覆うように展開する 
撮影 : 千葉県船橋市 2022年8月7日

春に葉を見つけて、楽しみにしていたところ、ある日、刈り取られていることが分かりました。住宅地でしたからね。たまたま、夏に通り掛かると、なんと、復活していました。生命力が強いのでしょうね。

(つぶやきの棚)徒然草


 (2022/08/12)) Latest Update 2022/08/13 [740KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る