マツヨイグサ (待宵草、アカバナ科)--- Oenothera stricta Ledeb. ex Link ---

マツヨイグサ(待宵草、アカバナ科)
 南米原産の帰化種マツヨイグサです。ただ、マツヨイグサ属は、世に約120~140種もあると言われ、日本に生育している近縁種コマツヨイグサ、ヒナマツヨイグサなどは全て外来種で、14種が知られていると資料にありました。
 それらの違いを把握できていませんので、狭義のマツヨイグサではない可能性もありますが、外見的には「宵待草」、「月見草」で良さそうだと思います。ただ、本来、月見草はメキシコ原産で白から薄紅色の花を付ける小型種ですが、同じような花という扱いになっているようですね。
 明治初期に渡来したと知って、少し驚いています。もっと古い時代から定着しているのかと思っていました。
撮影 : 千葉県船橋市 2016年8月16日
[an error occurred while processing this directive]
マツヨイグサ(待宵草、アカバナ科) マツヨイグサ(待宵草、アカバナ科)
撮影は午前中ですから、まだ、花はたたまれている状態。夕方から夜にかけて開き始めます。

マツヨイグサ(待宵草、アカバナ科)
「待宵草」を「宵待草」と読み替えたのは大正期竹久夢二。「語呂が良い」という理由らしいです。
撮影 : 千葉県船橋市 2016年8月16日

(つぶやきの棚)徒然草


 (2022/08/23) Latest Update 2022/08/27 [425KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る