ミヤマオダマキ (深山苧環、キンポウゲ科)--- Aquilegia flabellata var. pumila ---

ミヤマオダマキ(深山苧環、キンポウゲ科)
 アポイ岳の岩場まで登ると、たくさんのミヤマオダマキが花を付けていました。この高度では土がある場所が少ないので、こうした植物の生命力はとてもたくましいと思います。基本的には高山植物なのですが、改良されて、園芸植物として長く親しまれています。
 学名を見ると、オダマキの変種という位置付けです。では、基本種のオダマキというものが自生していて、追って変種が見つかったのかというと、どうも、そうではないらしいのです。基本種の方が、実はミヤマオダマキが改良された、つまり、園芸種だということらしいのです。
 冷静に考えれば、おかしな話です。おそらく、学名が成立する段階で、なんらかの混乱があったのでしょうね。
撮影 : 北海道様似郡 2022年6月8日

キンポウゲ科 オダマキ属
分類体系 APG 属性(生活型) 多年草
標準和名 ミヤマオダマキ 漢字表記 深山苧環
学名/栽培品種名 Aquilegia flabellata var. pumila RDB
花期 初夏:6~8月 結実期
原産地 日本 備考
国内分布 中部地方以北の高山帯に生育する。
自生環境 高山や亜高山帯の礫地や草地に生育する。
補 足 別名ヒメオダマキ。花は内側の白色が花弁で外側の紫色は萼片。園芸流通しているものには白色、桃色、黄色の花も見られる。オダマキの原種とされる。

ミヤマオダマキ(深山苧環、キンポウゲ科) ミヤマオダマキ(深山苧環、キンポウゲ科)
ミヤマオダマキ(深山苧環、キンポウゲ科)
こんなスゴイところに生えていますが、種子が市販されているオダマキと形状は変わりません。
ミヤマオダマキ(深山苧環、キンポウゲ科)
姿は素朴で、西洋オダマキと呼ばれる華やかな園芸種群(欧州・北米産の交配種)とは異なりますね。
撮影 : 北海道様似郡 2022年6月8日

(つぶやきの棚)徒然草


 (2022/07/05) Latest Update 2022/07/29 [615KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る