四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -
←前に戻る
サオトメカズラ(アカネ科)
次へ進む→

サオトメカズラ(アカネ科) 優雅な名前で 徒然草
 じりじりと日差しが強くなると、メッシュ・フェンス(網塀)等に絡みついて、青空に向かって蔓を伸ばしているサオトメカズラ<早乙女葛>が目立つようになります。標準和名はへクソカズラ<屁糞蔓>の方だと思いますが、ちょっと、かわいそうなので、優雅な名前の方で呼んでいます。ただ、学名自体「悪臭」を意味しているとか。
 白くて細長い蕾ばかりで、花の赤い内側が見えていませんね。この独特の花の形状を釣鐘状と表現することもありますが、開いている方を下にして「やいと」、つまり、お灸の形に似ているとしてヤイトバナという別名もあります。まぁ、お灸は余り身近ではないかも知れません。薬用植物としても知られ、存外、有用植物らしいですね。

2018/07/17 [55KB]  








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る