←戻る
←戻る
コブシ(辛夷、モクレン科) 進む→
進む→

コブシ(辛夷、モクレン科) 夏場は別の顔 徒然草
 春まだ浅い時期、葉のない枝に白い花を咲かせるコブシ。これは、その夏の姿です。その証拠にセミの抜け殻が見えていますね(笑)。
 ポコポコと膨らんだ独特の物体は果実(袋果)です。内側の果実が膨らんで袋果の表面が盛り上がり、その姿がこぶし(拳)のように見える、これが命名の由来なのだそうです。その上、学名 Magnolia kobus の種小名(後半)もコブシと読むことができますね。
 これから、袋果の果皮が赤みを帯びて、次第に割れ、内側から朱色の果実が顔を出し、最終的に裂開します。果実には柔らかい肉質層(肉質種皮)があり、鳥たちの栄養源になるらしいですよ。早春の葉っぱもない姿とは、まるで違うところがおもしろいと思います。

2021/08/10

あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2021 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る