総合案内へ戻るトップページ年別倉庫(2006年)月別倉庫(8月) 2006年 8月19日 仲間さがし
★★★ 爛漫 紅花のセイヨウノコギリソウ ★★★

爛漫 紅花のセイヨウノコギリソウ

. 表示する文字のサイズは「中」程度に設定して下さい .

爛漫 紅花のセイヨウノコギリソウ(西洋鋸草)

前回は高原に咲く自生のノコギリソウのお話でした。
今回は、欧州からの帰化植物であるセイヨウノコギリソウのお話です。
まだまだ出逢いが少なくて、両種の違いを具体的に認識できていません。
まぁ、ここまで強い紅色であれば、明らかにセイヨウノコギリソウです (^.^;。

やはり、多様な薬効で知られているようです。
で、学名はギリシャ神話に出てくるアキレスに由来するとか。
アキレス腱を傷つけた時に治療に用いたということのようです。
打撲、切り傷の治療に用いられた民間薬ということでしょう。
英名のyarrow(ヤロー)で呼ばれることも多いようですね。

(ちょろっと、蘊蓄)
 ● 学名 : "Achillea millefolium"
 ● 原産 : ヨーロッパおよびイラン、シベリア、ヒマラヤ
 ● 分類 : キク科ノコギリソウ属

帰化して野生化しているという情報もありました。
でも、この紅色の花は園芸品種で、畑に植えてあったものです。
白花が基本ですが、紅、濃紅、桃色などの変化が見られるとのこと。

前回、記載しましたが、黄花は別種ですから注意して下さい。
それから、英語では 通称「イエロー・ヤロー」…。
全て英語ですから、決して一部を日本語で理解しないようにしましょう(^'^)。

紅色系品種をアカバナノコギリソウと呼ぶことがあるそうです。
混乱を招きかねない懸念もありますが、雰囲気のある良い名前ですね。

爛漫 紅花のセイヨウノコギリソウ


 晴れた空から、突然、ものすごい雷鳴がとどろきました。とっても、おどろきました(語呂が良ろしいようで!)。


ページのトップへ戻る
あなたは2006年6月15日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © 2006-2022 Green Moonlight by NYAN