アオジ ~草むらでは目立たない保護色をまとった雀の仲間~
アオジ
撮影地 : 千葉県船橋市 撮影日 : 20247年3月2日
分 類 スズメ目ホオジロ科ホオジロ属
学 名 Emberiza spodocephala Pallas, 1776
和 名 アオジ (青鵐、蒿鵐、蒿雀)
概 説 北海道や本州中部以北で繁殖して、中部以西で越冬する。通常、単独行動する性格で、藪に身を潜めている。
ノジコによく似ていると言われ、図鑑で見る限り、ノジコは少し体長が小さくて、頭が黄色い。また、ノジコは夏鳥なので、冬場に目にすることはないとのこと。
分 布 日本全国で見られる。一般的には漂鳥。
雌 雄 オスの成鳥は頭部は緑がかった暗灰色で覆われ、目と嘴の周りが黒い。メスの成鳥は緑褐色の羽毛で覆われる。
体 長 約14~16.5cm
その他 草地、薮、葦原、林などにすみ、主に地上で草の種子や昆虫を食べてる。

アオジ アオジ アオジ アオジ
このような場所では保護色となって見つけにくい。メスはもっと見つけにくそうです。
撮影地 : 千葉県船橋市 撮影日 : 20247年3月2日

 (2024/03/10) Latest Update 2024/07/11 [825KB]


ページのトップへ戻る