ハグロトンボ ~黒い翅でヒラヒラ飛ぶ大型のカワトンボ~
ハグロトンボ
撮影地 : 千葉県佐倉市 撮影日 : 2004年7月10日
分 類 トンボ目カワトンボ科
学 名 Lalopteryx atrata Sélys, 1853
和 名 ハグロトンボ (羽黒蜻蛉)
概 説 体全体が黒いカワトンボで、比較的に汚れた環境でも生育できるため、昔はどこでも見られました。河川改修の影響で、各地で姿を消しつつあると言われています。
分 布 本州から屋久島に広く分布。
雌 雄 雄は胴がメタリックグリーン、雌は全身ブラック。
体 長 57mm~67mm
後翅長 35~44mm
その他 ゆるやかな流れの河川、沼に生息する。

ハグロトンボ ハグロトンボ
撮影地 : 千葉県佐倉市 撮影日 : 2004年7月10日

ハグロトンボ ハグロトンボ ハグロトンボ ハグロトンボ
夕暮の外堀、ハンゲショウにとまって翅を休める姿が妙に似合うトンボです
撮影地 : 千葉県佐倉市 撮影日 : 2004年7月10日
ハグロトンボ
(雄)胴がメタリックグリーン
ハグロトンボ
(雌)全身ブラック
撮影地 : 千葉県佐倉市 撮影日 : 2005年7月15日

 (2004/07/13) Latest Update 2024/07/11 [325KB]


ページのトップへ戻る