チョウトンボ ~美しく力強く飛翔する沼地の宝石~
チョウトンボ
撮影地 : 千葉県佐倉市 撮影日 : 2016年7月20日
分 類 トンボ目トンボ科
学 名 Rhyothemis fuliginosa Sélys, 1883
和 名 チョウトンボ (蝶蜻蛉)
概 説 ひらひらと飛んでいるイメージは、翅とくに後翅の幅が広く、先が透明になった黒い(メタリック・ダーク・ブルー)翔がもたらしているのでしょう。黒いアゲハチョウの仲間に似ています。しかしながら、別名「飛行機トンボ」という名前の通り、とても高い樹木の枝先を飛び回っているという側面も持っています。
分 布 本州、四国、九州に分布。沼や湖近隣に生息(浮葉植物の多い腐植栄養型の池沼で見られる)。
雌 雄 よく似ているが雌雄で多少異なる(♂の翅は青藍色の輝きがある)。
体 長 31~38mm、(腹長:19~24mm)
後翅長 31~38mm
その他 近縁種が世界中に多数存在するとのこと。

チョウトンボ チョウトンボ チョウトンボ チョウトンボ
千葉県佐倉市 撮影日 : 2009年7月12日

チョウトンボ チョウトンボ チョウトンボ チョウトンボ
千葉県佐倉市 撮影日 : 2003年7月12日

チョウトンボ チョウトンボ
千葉県佐倉市 撮影日 : 2000年7月23日(古いデジタルカメラで撮影)

チョウトンボ
千葉県八千代市 撮影日 : 2011年7月2日

PLAY(注:動画再生に伴って自然音が流れます! 16sec. loop )
撮影地 : 千葉県佐倉市 撮影日 : 2024年7月18日

(つぶやきの棚)徒然草

 (2002/10/25) Latest Update 2024/07/21 [31.2MB]


ページのトップへ戻る