チャノキ(茶の木) (ツバキ科)--- Camellia sinensis ---

チャノキ(茶の木、ツバキ科)
 飲用に供される、所謂、お茶の木です。静岡などの産地でみられるものと同じ姿をしているのか、この時期に目にしたことがありませんので未確認ですが、おそらく、ほぼ変わらないのではないかと想像しています。
 葉も花もツバキ科と明確に分かりますね。日本にも野生の個体群があるそうですが、見かけるものは栽培種でしょう。高地にも育つ、とても丈夫な植物で、酸性の強い土壌を(むしろ)好むのだそうです。本来は高木ですが、栽培目的から、低く刈り込まれている姿が普通でしょう。
撮影 : 千葉県佐倉市 2021/09/23

科/属 ツバキ科/ツバキ属 属性(生活型) 常緑高木
標準和名 チャノキ 漢字表記 茶の木、茶樹
学名/栽培品種名 Camellia sinensis L. RDB
花期 秋:10~12月初旬 結実期
原産地 インド、中国 国内分布 九州地方と関東(伊豆半島)に分布する。
自生環境
補 足 渡来種。加工され、健康飲料として利用される。高木だが、栽培目的の適うように低く刈り込まれる。元来、熱帯から温帯の植物だが、一定の耐寒性もあると言われる。

チャノキ(茶の木、ツバキ科) チャノキ(茶の木、ツバキ科)
チャノキ(茶の木、ツバキ科) チャノキ(茶の木、ツバキ科)
確かにツバキの仲間ですね これから花が増える様子です
チャノキ(茶の木、ツバキ科)
甲虫が花中央部の花粉帯に押し入っていました
撮影 : 千葉県佐倉市 2021/09/23

徒然草


 (2021/11/04) Latest Update 2021/11/13 [650KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2021 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る