アカヤシオ (赤八汐、ツツジ科)--- Rhododendron pentaphyllum var. nikoense ---

アカヤシオ(赤八汐、ツツジ科)
 六甲高山植物園で撮影させていただきました。植物園なので植栽なのでしょうが、兵庫県には数少ない自生地があって、標高などの環境も似ているようです。運良く、兵庫県版レッドデータブック掲載種に、自生環境に近い場所で開花時期に出向くことができたことになりますね。
 漢字では「赤八汐」と書きますが、この「八汐」とは『幾度も染液に浸して濃く染めること』を意味します。「八染」や「八入」という文字を当てることもあるそうです。
 アカヤシオの花は晴天が似合うと思います。この日、晴天、かつ撮影時間帯は13時台でした。他の植物の撮影には日傘が必要な状況でしたね。
撮影 : 兵庫県神戸市 2022/04/20

ツツジ科 ツツジ属
分類体系 APG 属性(生活型) 落葉低木
標準和名 アカヤシオ 漢字表記 赤八汐
学名/栽培品種名 Rhododendron pentaphyllum var. nikoense RDB 各地で絶滅危惧種に指定されている。
花期 春:4~5月 結実期 夏:7~9月
原産地 日本 備考
国内分布 福島県から紀伊半島西部まで分布する。
自生環境 標高が高い山奥に生える。移植、剪定を好まず、庭の栽培には向かない。
補 足 四国地方や近畿地方に分布するアケボノツツジの変種とされる。他に、九州地方に分布するツクシアケボノツツジ等、複数の近縁種が知られる。

アカヤシオ(赤八汐、ツツジ科) アカヤシオ(赤八汐、ツツジ科)
県内2ヶ所の自生地((雪彦山、笹形山)は海抜高800m以上の尾根筋と報告されています

アカヤシオ(赤八汐、ツツジ科) アカヤシオ(赤八汐、ツツジ科) アカヤシオ(赤八汐、ツツジ科)
アカヤシオ(赤八汐、ツツジ科)
この4月末、たまたま、自生地とされる赤城山も走り回ったのですが、見かけた記憶はありません(早すぎたか!)
撮影 : 兵庫県神戸市 2022/04/20

(つぶやきの棚)徒然草


 (2022/05/15) Latest Update 2022/07/11 [1.3MB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る