コイワカガミ (小岩鏡、イワウメ科)--- Schizocodon soldanelloides f. alpinus Thunb. ---

コイワカガミ(小岩鏡、イワウメ科)
 ナエバキスミレを訪ねた亜高山の登山道に、明るいピンクの花が誇らしげに咲いていました。
 春というより初夏に近い時期に咲くイワカガミの高山型とされ、多雪地に多い。葉は常緑でツヤがあり、岩場で鏡のようだというのが命名の由来らしい。
撮影 : 群馬県中之条町(旧六合村) 2006年6月1日

イワウメ科 イワカガミ属
分類体系 APG 属性(生活型) 双子葉植物、常緑多年草、離弁花、高山植物
標準和名 コイワカガミ 漢字表記 小岩鏡
学名/栽培品種名 Schizocodon soldanelloides f. alpinus RDB
花期 春:5~7月 結実期
原産地 日本 備考
国内分布 九州から北海道の高山帯から亜高山帯に分布する。
自生環境 高山、亜高山の半陰地岩場などで群生する姿が見られる。
補 足 同属にイワカガミSchizocodon soldanelloides、オオイワカガミ Schizocodon soldanelloides var. magnus などがある。

コイワカガミ(小岩鏡、イワウメ科) コイワカガミ(小岩鏡、イワウメ科)
群馬県中之条町(旧六合村) 2006年6月1日
岩場(礫地)にたくさんの花を咲かせます

少し下の草地には見当たりません

なるほど、岩場に咲く葉に光沢のある植物ですね

ナエバキスミレとのトゥーショットは好評のようです

(「すみれの部屋」でも掲出してみました)

2週間後に出かけてみた際も花の数は同程度でした

個々の花の花期は長いのでしょうか

(標高は約1600mでした)
コイワカガミ(小岩鏡、イワウメ科) コイワカガミ(小岩鏡、イワウメ科)
群馬県中之条町(旧六合村) 2006年6月1日 群馬県中之条町(旧六合村) 2006年6月14日

 (2006/06/05) Latest Update 2022/12/06 [330KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2023 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る