センボンヤリ (千本槍、キク科)--- Leibnitzia anandria (L.) Nakai ---

センボンヤリ(千本槍、キク科)
 春の花とヤリ(槍、閉鎖花HELP!の茎)が見えます。センボンヤリの名は、この槍が多いという意味から付けられました。センボンヤリの最大の特徴は、春と秋にそれぞれ花を咲かせることです。秋の閉鎖花は自家受粉で同じDNAを大量に効率良く増やすことが目的です。でも、これだけではDNAの変化(多様性)がなくなり、種としての寿命が危ぶまれることになります。一方、春の花は普通に他家受粉を目的としています。花を目的によって使い分けること、これは非常に優れたシステムではないかと思います。少し異なりますが、スミレも同じようなシステムを持っています。
 春の花は10cm程度のかわいい花で、秋の花は50cmにも達する細長い花です。
撮影 : 岩手県北上市 2006年5月5日

キク科 センボンヤリ属
分類体系 APG 属性(生活型) 多年草
標準和名 センボンヤリ 漢字表記 千本槍
学名/栽培品種名 Leibnitzia anandria (L.) Nakai RDB
花期 春:4~6月、秋:9~11月 結実期
原産地 日本 備考
国内分布 国内では沖縄を除くほぼ全国に分布する。海外では千島、樺太、中国などに自生する。
自生環境 山地や丘陵の日当たりの良い場所などに自生する。
補 足 春の花(開放花)は高さが5~15cm程度、秋の花(閉鎖花)は自家受粉して、30~60cm程度の花茎を伸ばす。春の花は開花後、更に伸びて少し違う姿になる。

センボンヤリ(千本槍、キク科) センボンヤリ(千本槍、キク科)
東京都八王子市 2001年4月8日 岩手県北上市 2006年5月5日

センボンヤリ(千本槍、キク科) センボンヤリ(千本槍、キク科)
山梨県北杜市 2013年4月13日 枯れた秋の花が残っている

センボンヤリ(千本槍、キク科) センボンヤリ(千本槍、キク科)
柄が長い穂先に膨らんだ綿状の種子が付き、大名行列の槍に例えられる。蕾の姿は春に似ていて、このまま、白い花が咲きそうだ。
撮影 : 岩手県奥州市 2022年9月29日

(つぶやきの棚)徒然草


 (2001/04/13) Latest Update 2022/10/01 [645KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2023 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る