四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

ウメ(バラ科) --- Prunus mume ---

ウメ(バラ科)
 ご近所で、梅がさわやかな花を咲かせていました。
 日本古来の花木というイメージですが、中国原産の渡来種だそうです。奈良時代に遣唐使(遣隋使という説もあり)が持ち帰ったという話ですが、伝聞なので確認はとれていません。
 関東圏でも、1月から咲き始める木もあれば、3月までゆっくりしている木もあります。『梅は咲いたか、桜はまだかいな』という順番都は限りませんね。
撮影 : 千葉県八千代市 2011/02/07

科/属 バラ科/サクラ属 属性(生活型) 落葉高木
標準和名 ウメ 漢字表記
学 名 Prunus mume (Sieb.) Sieb. et Zucc. RDB
開花期 春:1~3月 結実期 初夏:5~7月
原産地 中国。 国内分布 全国に分布している。日本は原産地の一つなのか、栽培品が広まったのか、判然としていないという。
自生環境 余り環境を選ばない。
補 足 3系(野梅[やばい]系、緋梅[ひばい]系、豊後[ぶんご]系)9性に分類する考えがある。近縁のアンズ、スモモと複雑に交雑しており、登録園芸品種は約400種とも約500種言われる。

ウメ(バラ科) ウメ(バラ科)
ウメ(バラ科) おそらく、多種多様な品種があるのでしょう。

気合を入れて調べないことにしています。

 なぜか、と言いますと、

ハマってしまうのがとても困るからです(笑)。
撮影 : 千葉県佐倉市 2010/02/28
ウメ(バラ科) ウメ(バラ科)
撮影 : 東京都八王子市 2005/03/19 撮影 : 千葉県船橋市 2008/03/12
ウメ(バラ科)

梅に鶯、いえいえ、ウグイス色の小鳥ですが、実はメジロです。

美しいさえずりの声を持っていますが、ウグイスは目立たない薄い茶褐色の小さな鳥です。

ところで、このメジロはなにをしているのでしょうか?

優雅にお食事中で、高エネルギーの蜜を得るため、花を無造作についばんでしまいます。

撮影 : 千葉県佐倉市 2010/02/28

ウメ(バラ科) ウメ(バラ科)
撮影 : 千葉県習志野市 2005/02/05
ウメ(バラ科)

家紋などのデザインを見ると分かりますが、梅の花弁は基本的に5枚ですよね。

でも、紅梅などでは、花びらがたくさんある八重咲きが多くみられます。

これは、他の植物の場合と同様に雄しべが花弁になったもので、花びらで重たそうな姿も見られます。

因みに、雄しべが花弁化すること自体は「旗弁」と呼ばれているそうです。

撮影 : 東京都文京区  2003/03/02

ウメ(バラ科) ウメ(バラ科)
撮影 : 千葉県習志野市 2009/01/25

徒然草 2011/02/16 2011/02/21 2015/03/09 2016/02/11  
2011/02/16 2011/02/21 2015/03/09 2016/02/11  

(2011/02/16) Latest Update 2016/02/11 [830KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る