四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

アカツメクサ(マメ科)--- Trifolium pratense ---

アカツメクサ(マメ科)
 大きめの蜂がロート状の花から、一心に吸蜜に取り組んでいます。ご存じのアカツメクサ(赤詰草)、別名ムラサキツメクサ(紫詰草)です。欧州原産で明治時代に帰化した植物です。牧草として栽培されていたものが野生化したとされています。ゲンゲ(レンゲソウ)同様に空中窒素を固定する能力があり、本来は緑肥として価値がありますが、ほぼ雑草として扱われているように思います。欧州ではハーブや嗜好品(風味付け)として活用されているとか。
 種苗会社の雑誌カタログに「黄花クローバー バディウム」が紹介されていました。写真を見るかぎり、アカツメクサの黄花という感じです。資料が無いのでネット検索してみましたら、欧州産のTrifolium badium という種のようです。ただし、英名は Brown clover。開花後に花の色は茶褐色に変わるようです。こちらが渡来していたら、チャツメクサとでも呼ばれていたのでしょうか。
撮影 : 千葉県柏市(旧沼南町) 2004/05/15

科/属 マメ科/シャジクソウ属 属性(生活型) 多年草、帰化植物
標準和名 アカツメクサ 漢字表記 赤詰草
学 名 Trifolium pratense L. RDB
開花期 夏:6~9月 結実期
原産地 欧州、西アジア、アフリカ 国内分布 国内ではほぼ全国に分布する。また、世界中に移入している。
自生環境 土壌を選ぶという情報はないようです。空中窒素を固定する能力があるので、荒地でも元気に繁殖します。
補 足 「詰草」とは箱詰めするときの緩衝材(クッション、フィラー)という意味で、乾燥させて使用していた。同時に、牧草でもある。別名:レッドクローバ(Red clover)、ムラサキツメクサ

アカツメクサ(マメ科) アカツメクサ(マメ科)
学名のTrifoliumはラテン語で3枚の葉という意味です 牧草や緑肥にも、蜜が多いので養蜂にも利用されます
アカツメクサ(マメ科) アカツメクサ(マメ科)
学名のTrifoliumはラテン語で3枚の葉という意味です 牧草や緑肥にも、蜜が多いので養蜂にも利用されます
撮影 : 千葉県柏市(旧沼南町) 2004/05/15
アカツメクサ(マメ科) アカツメクサ(マメ科)
学名のTrifoliumはラテン語で3枚の葉という意味です 牧草や緑肥にも、蜜が多いので養蜂にも利用されます
アカツメクサ(マメ科)
撮影 : 千葉県千葉市 2005/07/08
アカツメクサ(マメ科)
撮影 : 長野県塩尻市 2004/05/28
アカツメクサ(マメ科) アカツメクサ(マメ科) アカツメクサ(マメ科)
撮影 : 千葉県柏市(旧沼南町) 2004/05/15
 非常に稀ですが、白変種(f. albiflorum)があるそうです。遺伝的に固定された園芸種はセッカツメクサ(雪華詰草)、シロバナアカツメクサ(白花赤詰草)などと呼ばれているそうです。

徒然草 2013/07/24 2016/07/02      
2013/07/24 2016/07/02      

(2006/08/24) Latest Update 2016/07/02 [430KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る