ボタンヅル (牡丹蔓、キンポウゲ科)--- Clematis apiifolia DC. ---

ボタンヅル(牡丹蔓、キンポウゲ科)
 つる性の多年草です。夏に展開して白っぽくて淡いクリーム色の花を咲かせます。
 実家の庭に咲いていました。もしかすると、植えたのかも知れないと思っています。これはクレマチスの仲間ですが、主に庭の世話をしていた姉のメアドがクレマチスなんとかーでした。尋ねたことはありませんが、少なくても外来の園芸種は好きだったのだろうと思われます。
 よく似たセンニンソウとは、遠目では区別ができないと思います。ボタンヅルは小葉に切れ込みがあって、大きな鋸歯がありますが、センニンソウは葉は全縁で先は尖った卵状楕円形です。花がセンインソウより少し小さいように見えます。
撮影 : 岩手県奥州市 2017年8月8日

キンポウゲ科 センニンソウ属
分類体系 APG 属性(生活型) つる性の多年草(常緑半低木)
標準和名 ボタンヅル 漢字表記 牡丹蔓
学名/栽培品種名 Clematis apiifolia DC. RDB
花期 夏:8~9月 結実期
原産地 日本、中国 備考
国内分布 本州、四国、九州に分布する。他には朝鮮半島、中国。
自生環境 日当たりの良い草原や林縁に自生する。
補 足 木本つる性半低木、茎基部は木質化する。白く長い羽根状の毛があり、果実が熟すと風散布される。葉の形状などがボタンに似ていることから命名された。

ボタンヅル(牡丹蔓、キンポウゲ科)
よく似た同属(クレマチスの仲間)のセンニンソウとは、花の微妙な色合いと、このような葉の形状で区別できます
撮影 : 岩手県奥州市 2017年8月8日

(つぶやきの棚)徒然草


 (2022/09/11) Latest Update 2022/09/14 [420KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る