コムラサキ (クマツヅラ科)--- Callicarpa dichotoma ---

コムラサキ(クマツヅラ科)
 日本、中国、台湾、朝鮮半島に自生するコムラサキです。同属のムラサキシキブと見分ける方法として、果実の付く位置が葉の付け根であるか否かと言われます。以前、ムラサキシキブではないかと考えていましたが、うーん!?
 もう一つの違いとして、鋸歯が葉全体に見られるのがムラサキシキブ、上半分だけなのがコムラサキだというポイントがあります。それなら、コムラサキかも知れません。園芸的にはコムラサキの方が多く利用されているようです。
 ムラサキシキブには変異が多いという情報もあり、変種や園芸品種を総称してムラサキシキブとした方が良いとの意見を見ました。その方が有り難いですね。
撮影 : 千葉県船橋市 2009/08/14

科/属 クマツヅラ科/ムラサキシキブ属 属性(生活型) 落葉広葉樹の低木
標準和名 コムラサキ 漢字表記 小紫
学名/栽培品種名 Callicarpa dichotoma (Lour.) K. Koch RDB
花期 夏:6~7月 結実期 秋:9~12月
原産地 日本 国内分布 本州以南。
自生環境 平地から丘陵地の湿地や草原。
補 足 別種のムラサキシキブとは果実の付き方や鋸歯の様子で区別される。家庭の庭木に用いられる。

コムラサキ(クマツヅラ科) コムラサキ(クマツヅラ科)
コムラサキ(クマツヅラ科) コムラサキ(クマツヅラ科)
コムラサキ(クマツヅラ科)
花は目立たないのですが、まぁ、可愛い感じ。一方、赤紫色のツヤツヤ果実たちは遠目にも鮮やか!!
撮影 : [実: 千葉県千葉市 2004/11/03] [花: 千葉県船橋市 2009/08/14]

徒然草


 (2014/11/26) Latest Update 2021/07/02 [250KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2021 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る