四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

クロユリ(ユリ科)--- Lilium auratum ---

クロユリ(ユリ科)
 北海道の道東を海岸沿いに旅してみました。砂浜が終わる境界域などに少し見られ、海岸沿いに拡がる広大な砂州の平原には、意外に多く見られました。山地に生育しているというイメージがあったものですから、事前に情報があったものの、とても驚いたものです。
 どれもこれも、皆、下を向いており、閉じ気味に花を咲かせています。色合いも地味で、おとなしい印象ですね。
撮影 : 北海道標津郡 2010/05/31

科/属 ユリ科/バイモ属 属性(生活型) 多年草、球根植物
標準和名 クロユリ 漢字表記 黒百合
学 名 Lilium auratum Lindl. RDB
開花期 夏:5~8月 結実期
原産地 日本 国内分布 本州の中部以北、北海道に分布する。
自生環境 山地の林縁や草地に自生する。
補 足 別称:エゾクロユリ(蝦夷黒百)

クロユリ(ユリ科) クロユリ(ユリ科)
全体としては草丈が低く、これが高い方です ここは環境が良いのか、密度高く自生していました
クロユリ(ユリ科)
撮影 : 北海道標津郡 2010/05/31

 元来、道東では海岸沿いに春から花を付けます。本州中部付近で見られるミヤマクロユリの自生状況とはまるで異なるものですね。こちらをエゾクロユリと呼ぶ場合があります。
 1935年、松浦一博士により2倍体の矮小型と3倍体の巨大型が自生していると報告されました。高山で見られる2倍体を「ミヤマクロユリ」、北海道の平地で見られる3倍体を「クロユリ」または「エゾクロユリ」と呼んでいるそうです。

(2012/08/31) Latest Update 2017/02/20 [415KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る