オクラ (秋葵、アオイ科)--- Abelmoschus esculentus (L.) Moench ---

オクラ(秋葵、アオイ科)
 アオイやハイビスカス似よく似た花を咲かせるオクラですが、アオイ科ハイビスカス属ではなく、アオイ科トロロアオイ属に分類されるそうです(再分類された)。
 繁く食卓に登場するであろうオクラは、この植物の果実(若い莢)で、ネバネバがあって優しい口当たりが魅力の野菜ですね。
 意外にも、オクラは英名であり、日本では、従前「ネリ」と呼ばれていたとの情報がありますが、現在では知られていないと思います。因みに原産地はアフリカとのこと。
撮影 : 千葉県船橋市 2009/09/17

アオイ科 トロロアオイ属
分類体系 APG 属性(生活型) 多年草(日本では一年草扱い)
標準和名 オクラ 漢字表記 秋葵
学名/栽培品種名 Abelmoschus esculentus (L.) Moench RDB
花期 初夏:7~10月 結実期 夏:8~10月
原産地 アフリカ北東部 備考 一日花
国内分布 国内では食用、観賞用に栽培される。
自生環境 食用野菜、鑑賞目的で関東から西日本で栽培される。
補 足 従前、ハイビスカスやフヨウと同じフヨウ属とされていたが、現在はトロロアオイ属に再分類された。自生地の環境では多年草であるが、日本では越冬できず、一年草的な生活型となる。

オクラ(秋葵、アオイ科) オクラ(秋葵、アオイ科)
畑ではなく花壇に植えられていました 花はハイビスカスによく似ています
撮影 : 千葉県船橋市 2009/09/17

オクラ(秋葵、アオイ科) オクラ(秋葵、アオイ科)
半日花は萎み始めています 花の周囲にはオクラの果実!
オクラ(秋葵、アオイ科)
撮影 : 千葉県船橋市 2022/09/25
オクラの花は朝から咲き初め、昼過ぎには萎んでしまいます。半日花ですね。でも、次々に咲く準備ができています。実は、開花時間が短いので、自家受粉するケースが多いのだそうです。遺伝子の多様性という面では微妙なところですが、大量に花を付け、大量に果実を生らせ、遺伝子が均一なまま継続することになるので、野菜としては優等生です。でも、きれいな花を使い捨てる感じなのでモッタイナイ感がありますね。

(つぶやきの棚)徒然草


 (2022/02/18) Latest Update 2022/09/25 [885KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る