←戻る
←戻る
ヤセウツボ(痩靫、ハマウツボ科) 進む→
進む→

ヤセウツボ(痩靫、ハマウツボ科) ズルっこく生きる 徒然草
 完全寄生植物と呼ばれるヤセウツボ(痩靫)です。今回、マメ科のアカツメクサを宿主にしていました。枯れた風情で、実はたくさん咲いています。
 個人的な話ですが、子供の頃は余り見たことがなかった植物です。今回、ウィキペディアも調べて見たのですが、コバンソウと同じ地中海沿岸原産の帰化植物で、「日本では1937年に千葉県で初めて確認され、現在では本州と四国と全域に定着している」とありました。
 子供の頃には、まだ拡散していなかったのかも知れませんね。植物のくせに葉緑素すら持たず、目立たない色で、完全他力本願に暮している訳です。なにか、ズルっこいです。

2021/05/16

あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2021 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る