オオキバナカタバミ (大黄花片喰、カタバミ科)--- Oxalis pes-caprae L. ---

オオキバナカタバミ(大黄花片喰、カタバミ科)
 南アフリカ原産。日本へは園芸植物として渡来、栽培されたものが逸出して半野生化しています。
 カタバミは『傍食』と書きます。学名でオキザリス・ペスカプラエと、そのまま呼ばれることもあるとされています。ペスカプラエ("pes-caprae")は「山羊の足」という意味。さて、どの辺が山羊の足っぽいのでしょうか。
撮影 : 神奈川県三浦市 2013年3月21日

カタバミ科 カタバミ属
分類体系 APG 属性(生活型) 多年草
標準和名 オオキバナカタバミ 漢字表記 大黄花片喰
学名/栽培品種名 Oxalis pes-caprae RDB
花期 春から秋:3~9月 結実期
原産地 南アフリカ 備考
国内分布 帰化して、関東以南に逸出して、半野生化している様子が見られる。
自生環境 園芸種として栽培されたものが、逸出している。
補 足 明るい緑色の葉に、輝くような黄色の花が咲く。英名はバターカップ・オキザリス(buttercup oxalis)。

オオキバナカタバミ(大黄花片喰、カタバミ科) オオキバナカタバミ(大黄花片喰、カタバミ科)
比較的に大きな花が咲いています 花と馴染んでいる細長い葉は水仙です
撮影 : 千葉県船橋市 2009年3月10日 撮影 : 神奈川県三浦市 2013年3月21日
オオキバナカタバミ(大黄花片喰、カタバミ科)
撮影 : 神奈川県三浦市 2013年3月21日


 (2016/05/03) Latest Update 2022/08/04 [305KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る