カノコユリ (ユリ科)--- Lilium speciosum Thunb. ---

カノコユリ(ユリ科)
 カサブランカの片親としても知られるカノコユリです。きもの生地の染め(絞り染め)技法の名前にもなっています。こんな柄の花が自生している九州や四国はうらやましいですね。でも、美しいが故に、その保護には苦労しているようです。
撮影 : 千葉県船橋市 2007/08/01
カノコユリ(鹿の子百合) ユリ科 ユリ属 多年草(球根植物)

科/属 ユリ科/ユリ属 属性(生活型) 多年草、球根植物
標準和名 カノコユリ 漢字表記 鹿の子百合
学名/栽培品種名 Lilium speciosum Thunb. RDB
花期 夏:7~9月 結実期
原産地 日本、(中国) 国内分布 九州西部や四国南部から長崎沿岸部に分布する。
自生環境 九州では沿岸部の岸壁や草地、四国では内陸の岸壁に自生する。
補 足 学名(speciosum)は「美しい」の意味。日本原産だが、近縁種が台湾、中国などで見られる。変種が多いとされる。半日陰に近い傾斜地を好む。シーボルトにより西欧にもたらされ、オリエンタル・ハイブリッドに昇華される。

カノコユリ(ユリ科) カノコユリ(ユリ科)
カノコユリ(ユリ科) カノコユリ(ユリ科)
 赤い斑点が毒々しくは感じませんね   存外、花数は多いようです 
撮影 : 千葉県船橋市 2007/08/01
有名な話ですが、江戸時代、よく知られたシーボルトがカノコユリとテッポウユリの球根をヨーロッパにもたらしました。宗教的要素もあって受け入れられ、盛んに育種が行われ、カサブランカなどのオリエンタル・ハイブリッドに繋がる訳ですね。

徒然草


 (2007/08/26) Latest Update 2021/08/23 [260KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2021 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る