←戻る
←戻る
ミズヒキ(水引、タデ科)
詳細情報へ
進む→
進む→

ミズヒキ(水引、タデ科) 目立たない紅白の花 (つぶやきの棚)徒然草
 今回も白いシュウメイギクが写っていますが、今回の主役は、細長い糸のような花穂に、疎らに咲いている小さな赤い花たちです。これはミズヒキで良さそうだと思います。写真は個人宅の庭ですが、実は普通に林に咲く野草です。気づくと独特な葉を撮影できていません(汗)。
 ミズヒキは初登場ですので、簡単な補足をしますと、元々の「水引」は祝儀袋や重箱の飾り結び、髪飾りの素材などに用いられる紅白の飾り紐のことです。確かに、そのイメージはあるかもしれません。目立たない4枚の(花弁に見える)萼片を上から見ると赤くて、下から見ると白いのですが、白い部分は早い段階で茶色になってしまいますから、ヒトの目線から見ていると、総じて赤い印象の方が強くなってしまうのでしょうね。

2022/10/06 ひまわり ひまわり HOME

あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る