四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

ウスギモクセイ(薄黄木犀)(モクセイ科)--- Osmanthus fragrans var. thunbergii ---

(基本種)ギンモクセイ (変種)キンモクセイ (自然交雑種)ヒイラギモクセイ  
ウスギモクセイ(薄黄木犀)
 銀木犀と金木犀の中間的な色合いをしています。撮影場所が少し異なり、開花状態も違っています。少し白っぽい方は銀木犀ではないかとの懸念もあったのですが、葉が全縁(鋸歯が見られない)であることから薄黄木犀と見ています(判断材料としては弱い)。二季咲きすることもあるとのことですが、他の季節に咲いているのを見たことはありません。
 薄黄木犀の場合、日本に雄株しかないと言われる銀木犀や金木犀と異なり、雌株の方も普通に導入されており、地域に雌雄が揃っていれば、果実を見ることができることになりますね。開花の翌年、楕円形の果実ができて、緑色から紫色に変わるそうです。
 中国名:金桂(cf.キンモクセイは丹桂)、英名: Fragrant olive
撮影 : 千葉県船橋市 2006/09/21

科/属 モクセイ科/モクセイ属 属性(生活型) 常緑小高木
標準和名 ウスギモクセイ 漢字表記 薄黄木犀
学 名 Osmanthus fragrans Lour. var. thunbergii Makino RDB
開花期 秋:10月 結実期 夏:7月
原産地 中国、インド 国内分布 全国で栽培されている。
自生環境 庭木として普通に見られる。
補 足 近年、変種ではなく品種とする考え方が強くなっているとのこと。また、銀木犀の園芸品種とする見解もある(注:金木犀ではないらしい)。

ウスギモクセイ(薄黄木犀) ウスギモクセイ(薄黄木犀)
淡い清楚な色が美しい 花の付き方(量)は毎年少しづつ違います
ウスギモクセイ(薄黄木犀) ウスギモクセイ(薄黄木犀)
象牙色ながら、少し色の白い個体 香りも少し違うように感じた
撮影 : 千葉県船橋市 1999/09/25
ウスギモクセイ(薄黄木犀)
同じ地域でも開花時期が微妙に違うことがある(この年は同時期でした)
撮影 : 千葉県船橋市 2011/10/04
徒然草 2008/10/07 2011/10/05 2017/09/10    
2008/10/07 2011/10/05 2017/09/10    

(1999/12/16) Latest Update 2017/09/10 [280KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る