四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

ハナミズキ(ミズキ科)--- Benthamidia florida ---

(同属)ヤマボウシ  
ハナミズキ(ミズキ科)
 街路樹として、あちこちで目に付くようになりました。アメリカヤマボウシの別名を持つミズキ科のハナミズキです。当時の東京市長がワシントン市へ桜を寄贈した返礼として贈られて普及したそうです。
 花弁のようにヒラヒラしているのは「総苞」と呼ばれるもので、花の本体は中心部にある黄碧色の小さな部分です。白い花と赤い花、それから中間のピンクの花が見られます。
撮影 : 千葉県八千代市   2008年5月6日

科/属 ミズキ科/ミズキ属 属性(生活型) 落葉高木
標準和名 ハナミズキ 漢字表記 花水木
学 名 Benthamidia florida (L.) Spach RDB
開花期 秋:4~5月 結実期 秋:9~11月
原産地 北アメリカ 国内分布 全国で栽培されている。
自生環境 庭木、街路樹として普通に見られる。
補 足 別名:アメリカヤマボウシ、英名:Flowering dogwood

ハナミズキ(ミズキ科) ハナミズキ(ミズキ科)
ハナミズキ(ミズキ科) ハナミズキ(ミズキ科)
青々とした葉が街路樹向けです 総苞は先が丸くて、切れ込みはあります
ハナミズキ(ミズキ科)
撮影 : 千葉県八千代市   2008年5月6日
ハナミズキ(ミズキ科) ハナミズキ(ミズキ科)
撮影 : 千葉県船橋市   2012年10月26日 撮影 : 千葉県船橋市   2008年11月1日
ハナミズキ(ミズキ科)
花びらに見える総苞が薄紅色で、葉が大きめ、個体差があるのでしょうか!
撮影 : 千葉県八千代市   2008年5月6日
ハナミズキ(ミズキ科) ハナミズキ(ミズキ科)
ハナミズキ(ミズキ科) ハナミズキ(ミズキ科)
撮影 : 千葉県船橋市   2010年4月30日
ハナミズキ(ミズキ科) ハナミズキ(ミズキ科)
ハナミズキ(ミズキ科)
撮影 : 千葉県八千代市   2009年4月28日
 日本に自生するヤマボウシの兄弟分に当たります。花に見える総苞の先端が尖っているのがヤマボウシですから、花が見える位置なら、区別できることでしょう。

ヤマボウシ(ミズキ科) ヤマボウシ(ミズキ科)
ヤマボウシ(ミズキ科)
総苞の様子が少し小さめで、色合いが黄色っぽいですね。ヤマボウシに近い印象です。
撮影 : 長野県松本市 2018/04/28
徒然草 2008/05/26 2009/10/20 2011/10/11 2012/11/03 2015/09/16
2008/05/26 2009/10/20 2011/10/11 2012/11/03 2015/09/16
2018/05/20  
2018/05/20  

(2008/05/26) Latest Update 2018/05/20 [1,120KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る