四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

キケマン(ケマンソウ科)--- Corydalis pallida var. tenuis ---

(変種)ミヤマキケマン  
キケマン(ケマンソウ科)
 ミヤマキケマンだと思っていましたが、どうしても自生環境が海岸なので納得できていませんでした。図書館で野草図鑑を見ていたところ、海岸の低山や野原にはキケマンが自生することを知りました。
 ところが、葉の印象が異なるという程度に見えますね。こんなことなら、葉を一枚標本にすれば良かったかも知れません。ただし、葉や茎を折ると悪臭がするそうです(笑)。
撮影 : 神奈川県三浦市 2013/03/21

科/属 ケマンソウ科/キケマン属 属性(生活型) 越年草、有毒植物
標準和名 キケマン 漢字表記 黄華鬘
学 名 Corydalis heterocarpa var. aponica (Franch. et Savat.) Ohwi RDB
開花期 春:3~4月 結実期 春:5月
原産地 日本 国内分布 関東地方以西から沖縄に分布。
自生環境 雑木林の少し湿った土壌で、日当たりの良い法面、林縁、路傍。
補 足 ツクシキケマンの変種。よく似たミヤマキケマンとの区別は、葉の形状の違いが分かりやすい。キケマンの小葉は羽状に切れ込む。蟻散布植物。

キケマン(ケマンソウ科) キケマン(ケマンソウ科)
撮影 : 神奈川県三浦市 2013/03/21

キケマン(ケマンソウ科) キケマン(ケマンソウ科)
キケマン(ケマンソウ科)
撮影 : 東京都文京区 2017/03/22

徒然草 2013/03/27 2018/04/30      
2017/05/19 2018/04/30

(2013/03/27) Latest Update 2018/04/30 [430KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る