ヒメアカタテハ ~暖色の貴婦人~
ヒメアカタテハ
撮影地 : 千葉県八千代市 撮影日 : 2003年9月15日
分 類 チョウ目タテハチョウ科タテハチョウ亜科
学 名 Vanessa cardui L., 1758 : (Cynthia cardui)
和 名 ヒメアカタテハ (姫赤立羽)
概 説 アカタテハよりかなり小さめですが、やはりカラフルな蝶です。
書籍にマリーゴールドがお気に入りと書いてあった通り、橙色の花の上を元気に飛び回っていました。暖色に魅力を感じているかのようです。翅の表も裏も、それぞれに独特な紋様が美しいチョウです。
飛翔力が強く、1,000Kmを超える「渡り」が確認されているそうです。そのためか、世界各地で分布が認められているとのことです。
分 布 本州(関東以西)。
雌 雄 ほぼ同型。
大きさ (前翅長)25~33mm、(開帳)約55mm
食 草 キク科ハハコグサ、ヨモギなど。
世 代 多化性(年2~4回)
越冬態 幼虫
その他 羽を立ててとまることからタテハチョウという名があるとのこと。「姫」は「小さい」を意味するので、小さいタテハチョウ。

ヒメアカタテハ
花に止まっている時のポーズは決まっていないようです
ヒメアカタテハ
閉じている時と開いている時、ほぼ半々でした
ヒメアカタテハ
何をしているのでしょうね?
ヒメアカタテハ
このポーズも良いでしょ!
撮影地 : 千葉県八千代市 撮影日 : 2003年9月15日

ヒメアカタテハ
ヒメアカタテハ
撮影地 : 千葉県八千代市 撮影日 : 2003年9月23日

ヒメアカタテハ
派手に見えて、意外に保護色なのでしょうか
撮影地 : 千葉県八千代市 撮影日 : 2004年7月23日
ヒメアカタテハ
こんな両面での保護色パターンもあり!
撮影地 : 千葉県八千代市 撮影日 : 2003年10月26日

 (2003/09/17) Latest Update 2024/07/11 [405KB]


ページのトップへ戻る