クジャクチョウ ~印象的で優雅な翅を持つ北方系の蝶~
クジャクチョウ
撮影地 : 山梨県山梨市 撮影日 : 2004年7月19日
分 類 チョウ目タテハチョウ科タテハチョウ亜科クジャクチョウ属
学 名 Inachis io L., 1758
Inachis io ssp. geisha Stichel, 1908 * 国内に生息する亜種
和 名 クジャクチョウ (孔雀蝶)
概 説 夏を思わせる美しいチョウです。翅の表は優雅ですが、裏は黒一色とシンプルです。翅を閉じていたらわかりませんね。
英名も"peacock butterfly"で「孔雀蝶」です。日本産の亜種は"geisya(芸者)"という学名で形容されているとか・・・。因みに"io"は神話に登場する女神の名前ですね。
分 布 日本の自生種は亜種とされ、本州(中部地方以北)、北海道で見られる。ヨーロッパから中央アジア、極東アジアまでのユーラシア大陸に分布。
雌 雄 ほぼ同型。
大きさ (前翅長)26~32ミリ、(開帳)約55mm
食 草 イラクサ科ホソバイラクサ、クワ科カラハナソウ
世 代 多化性(年2~3回)
越冬態 成虫
その他 本州では山地性、北海道では平地でも見られる。

クジャクチョウ クジャクチョウ
翅の裏は煤が付着したようなつや消しの黒色です
撮影地 : 長野県茅野市 撮影日 : 2003年8月24日
クジャクチョウ クジャクチョウ
独特の「目」のような紋様があり、鳥を驚かせるとか・・・
撮影地 : 長野県茅野市 撮影日 : 2003年8月24日
クジャクチョウ クジャクチョウ クジャクチョウ
この花(ヨツバヒヨドリ)は大人気です
撮影地 : 山梨県山梨市 撮影日 : 2004年7月19日

 (2003/09/02) Latest Update 2024/07/11 [380KB]


ページのトップへ戻る