チシオスミレ [サクラスミレの変種] (血潮菫) [別名:マサカドスミレ]
チシオスミレ チシオスミレ
チシオスミレ チシオスミレ
1999年5月2日 倉渕 群馬県高崎市(旧群馬郡) 1999年5月1日 榛名
チシオスミレ チシオスミレ
2002年4月20日 伊香保 群馬県高崎市(旧群馬郡) 2001年5月3日 伊香保
チシオスミレ チシオスミレ
群馬県高崎市(旧群馬郡) 2001年5月3日 伊香保
チシオスミレ
長野県諏訪市 2003年6月8日
分類 ミヤマスミレ類
学名 基本種 サクラスミレ Viola hirtipes S. Moore
変種
品種
チシオスミレ Viola hirtipes f. lactiflola Hashimoto, nom. nud.
チシオスミレ Viola hirtipes f. rhodovenia (Nakai) Hiyama ex F. Maekawa
ケナシサクラスミレ Viola hirtipes f. glabra E. Hama
ワタゲスミレ Viola hirtipes f. grisea (Nakai) Hiyama
(分類することが微妙なもの)
*ケントクスミレ Viola hirtipes f. nudipes Hiyama
異名
由来 hirtipes : 柄に毛がある、茎が多毛の
外国語名 葉は三角に近い長卵形。ほぼ直立する傾向がある。毛は多毛から無毛まで変化が多い。花後、葉柄がかなり長くなる(25cm程度)。
葉の中央を走る葉脈HELP!に沿って濃紅紫色を帯びる。その他は母種と変わらない。
茎の形態
生育環境
分布 国内
海外
補足
花の特徴 形状
花期
花柱
芳香
補足
葉の特徴 形状
補足
種の特徴 形状
補足
根の特徴
絶滅危惧情報
基準標本
染色体数
参考情報
その他
 チシオスミレは葉脈に紅色の斑が入る。アカフタチツボスミレの場合と良く似ている。サクラスミレに比較的近い場所で見つかった。ほんの小さな違いに過ぎないという意味なのだろう。
2001/05/12

 (2001/05/12) Latest Update 2018/12/14 [280KB]

ページのトップへ戻る