プロファイル
こだわりの道具たち 編集上の「困ったこと」諸々 誕生日花
いとしき愛車たちのお話 カメラたちのお話 (1) カメラたちのお話 (2) 改めて考える「編集の方針」 改めて考える「アクセス解析」

いとしき愛車たちのお話

黒猫号 YAMAHA(MAJESTY)  移動の便宜を考えて自動二輪免許を取りました。そして購入した二輪のモデル名は、ビッグスクーターの魁となった YAMAHA "MAJESTY" と申します。たくさん荷物を積んで高速道路を走ることができ、とても便利かつ気楽な乗り物です。
 ビッグスクーター分野では熾烈な開発競争が続いています。古くはHONDAが独占していた市場にYAMAHAが旋風を巻き起こしました。その後、HONDAの巻き返しかと思われた時、颯爽と登場したのがSUZUKI。"skywave" には400ccやツーリングモデル(1999年モーターショー)が登場するに至り、一人勝ち状態でした。2001年、HONDA "FORZA" が善戦。500ccモデル(YAMAHA "T-MAX")、600ccモデル(HONDA "SILVER WING")まで登場。でも、無駄にデカいかも・・・。
コメント  右が我が愛車(『まだ名はない』号)です(^。^ゞ。標準色ではなくブラックにしたところがコダワリでございまして・・・。1999年夏、佐渡の草苅神社能舞台の前で撮影しました。
 2002年3月、なんと、エンジンが壊れてしまいました。悩んだ末、新型に切り替えです。

タフなやつ 白猫号


 黒猫号はYPの初号モデルでした。白猫号はいろいろ改良を加えたYPの2002年モデルです。実は、2002年夏にABSを搭載した別バージョンが既に出ているはずです。

 細かい変更も嬉しいのですが、前照灯が二灯式になったことが大きいと思っています。夜の走行の不安が解消されたのではないでしょうか。ガソリンのタンク容量が12リッターになったこともGOOD!ヘルメットも二つはいります。

 撮影地は四国・高知の桂浜に近い海岸線です。翌日、一気に1,000Kmも走ることになりました。へたり込まないタフな二輪ですね。カウルのカラーリングにつきましては、「夜に黒いボディは見えなくて危ない!」と家族に諭された結果です。
白猫号 YAMAHA(MAJESTY)

新兵器 青猫号 ( Blue Cats ) 登場!
青猫号 HONDA(HR-V)
HONDA HR-V(JS4)
 黒猫号で気楽な一人旅を続けていたのですが、1999年あたりから、植物好き仲間と散策に行くことが増えました。最初は8人乗りのライトエースで動いていたのですが、榛名山で明らかなパワー不足を感じて、ファミリーカーながらスパシオで出かけるようになったのが2000年でした。
  ↑ [イニシャル]頭文字D で勉強しろよな!
 ところが、2001年に河口湖近辺でとんでもない山道を登ることになり、パワーには問題なかったのですが、ゴロゴロ岩が一面に転がっていて、不本意ながら車の腹をこするハメに陥ってしまいました。
単なる「へたくそ」かも!
 「やっぱり四駆(4WD)だよ!」との助言。でも、日常的にはFFで十分ですよね。かなり迷った挙句、ヘロヘロになっていたライトエースを車検のタイミングで廃棄して、HR-Vに切り替えました。HONDA車は初めてでしたが、本格四駆ではないのにパワーがあり、町乗りでも気持ち良く走るので、とても気に入っています。一人で気楽に行く時は白猫号、仲間とワイワイ行く時には青猫号と使い分けようと思いますが、当然ながら金欠病の今日この頃です。
2001年9月
[お願い] Black Cats, Blue Catsって、なぜ複数形なのかと問い合わせをしないで下さいませ(単なる語感だけですから・・・)
(1999/02/01) Latest Update 2013/01/25 [140KB]
TOP

あなたは2001年2月25日から Counter 人目です。 Thank you ! (^^*) © 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
TOP !