サイドストーリー
つぶやきの棚 こぼれ話

2017/07/17 出逢いの場【NIFTY-Serve】 1990年代、ニフティサーブのフォーラムは情報と出逢いの場でした。
2016/10/11 牧野富太郎 スミレ講釈 牧野富太郎氏WHO!の随筆『スミレ講釈』に触れて、感想を少し。
2016/08/26 すみれの新種誕生 交雑種起源というスタイルで新たなすみれたちが生まれてくる物語!
2016/03/15 企画展「すみれ・たんぽぽ展」 ボランティアさん多数の資料で構成されたユニークな展示会。
2015/12/17 (続)書籍『スミレの観察と栽培』 (続編)もう一度、井波一雄氏WHO!の熱い思いに触れた気がした
2014/10/08 書籍『スミレの観察と栽培』 偶然に新本として入手した井波一雄氏WHO!の読みやすい一般書
2014/08/04 すみれの香り 気品のある強い芳香を放つシハイスミレの個体群が散見される
2014/01/08 Jupiter Moon Io 美しい瞳を持つ、星になった娘イオの話(西洋の神話より)
2013/12/23 黒船の植物標本 米国北太平洋遠征隊が持ち帰った日本の植物(再編集)
2013/11/19 詩、句、歌、詞、言 すみれ、小さな春の花が、少しだけ人々の心を揺り動かした記憶
2013/11/15 幻のクロモリタチツボスミレ 青森県の郷土史家・佐藤耕次郎(雨山)が見つめたすみれたち
2013/08/08 自然保護組織の不思議 希少植物を観光資源にしようとする自然保護組織の不思議な行動
2013/05/20 菫の人 福元猛寛 美ヶ原でスミレを採集していた「菫の人」、特攻機とともに南の海に散る
2013/04/24 ふる里のすみれを追った書籍たち 「九重のスミレ」、「岩手のスミレ」、「青森県のスミレ」、「みのかものスミレ」
2003/02/22 ヒトとすみれが共に生き抜く 野焼きや草刈りによって自生地が人為的に維持されているすみれたち
2013/02/19 すみれを見に行く 「橋を見に行こう」、「蛍を見に行く」、そんな書籍を作った人たち
Jupiter Moon Io * (JAXAのウェブサイトより)

(2013/11/15) Latest Update 2017/07/17
TOP

あなたは2001年2月25日から Counter 人目です。 Thank you ! (^^*) © 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
TOP !