細い松葉のような葉の上に端正な表情をした花が咲いています。さて、これは?葉はヒゴスミレ、そして花はエイザンスミレ風。ここは両種の混生地です。ということは、まぁ、間違いなくヒラツカスミレでしょうね。
←戻る
次へ進む→
ヒラツカスミレ 写真は2枚構成です(マウス・オンで2枚目を表示) 進む→
次へ進む→
 これまで「もしかするとヒラツカスミレかなぁ」という個体を観察したことはあったのですが、「ヒラツカスミレですよね!」と思う個体に出逢ったのは初めてのことでした。流通している園芸品種は良く見かけますが、自然交雑種もなかなか可愛らしい姿だと思います。ただ、発現形は多彩であり、かつ稔性があるので、判然としない個体も多いようです。
   ヒゴスミレとエイザンスミレは姿形や磁性環境が異なりますが近縁の種で、交雑種は稔性を持つことが多いとされます。
ページのトップへ戻る