←戻る
次へ進む→
ヒバントゥス・コミュニス 写真は2枚構成です(マウス・オンで2枚目を表示) 進む→
次へ進む→
 暑いぐらいの気候の方が調子が良いヒバントゥス・コミュニスです。敢えて種子を管理しなくても、勝手に種子がこぼれて発芽します。その苗を晩秋に拾って室内で育てます。それで、ずっと維持できていますので、育てる苦労は特に感じていません。何年か前のことですが、種子が一夏累計で1,000粒程度収穫できたことがあります。その後、そこまでの数で種子ができることはないようです。豊作の理由は何だったのでしょうか。
 その年、大量の種子をすみれのサークル関係者に送りましたので、その子孫が大量に出まわっているのだろうと思います(笑)。
ページのトップへ戻る