←戻る
次へ進む→
ニオイスミレ 写真は2枚構成です(マウス・オンで2枚目を表示) 進む→
次へ進む→
 時々、見回りに来ている路傍のニオイスミレが花を咲かせていました。昨年の晩秋から咲き始めていたことを確認しています。この真冬に咲いているということは、それから、ずっと咲き続けていたということでしょう。
 かなりの花数でしたが、いつもの甘い香りが漂っていません。まぁ、芳香が弱いということです。早春になると強くなってくるのでしょう。暖冬ともなると、11月ぐらいから4月まで約半年間も咲き続ける、農産物に近い性質の強い植物です。
 奄美大島で115年ぶりに雪を観測との情報が入ってきました。一方、撮影地である千葉県北西部では、現状、まだ雪を見ていません。
ページのトップへ戻る