国内水平分布 English
ツルタチツボスミレ (蔓立坪菫) [別名:クモノススミレ]
【注】近年の研究成果により、独立種として確認される可能性が極めて高い(発表待ち状態)。
ツルタチツボスミレ ツルタチツボスミレ
東京都 2008年5月9日 植栽
分類 タチツボスミレ類(エゾノタチツボスミレの仲間と発表された)
学名 基本種 Viola rhizomata (Nakai) Ohwi
品種  
変種  
異名
Viola grypoceras A. Gray var. rhizomata (Nakai) Ohwi
Viola faurieana W. Becker var. rhizomata (Nakai) F. Maekawa et T. Hashimoto
タチツボスミレ、テリハタチツボスミレの変種説もあるが、独立種説を採用している。
由来 rhizomata : 根茎の、根茎がある
外国語名  
茎の形態 有茎種
生育環境 標高は若干高めに位置する水捌けが良く乾燥気味の明るい林縁(ブナ林)等。
分布 国内 北陸、中部から中国地方の日本海側(標高800~1,700m程度の山地)。日本海要素。
海外  
補足  
花の特徴 形状 中輪。タチツボスミレの標準品に比べて細め。側弁の基部は無毛。
淡い紫色。
白色。円筒状で先が細く、上に曲がる傾向がある。
花期 5月~6月上旬。
花柱 花柱は棍棒形。
芳香  
花数は多くない。
葉の特徴 形状 葉は幅が広い偏三角形、基部は切形または浅い心形。先端は軽く尖る。
表面は深緑色で光沢がある。裏面は淡緑色。
托葉 大雑把な櫛の歯状。
両面とも無毛。前年の根生葉は葉の質がやや堅いとされる。
種の特徴 形状 倒卵形。へその方へ尖る。中粒。
種子:茶褐色、種枕:淡褐白色。光沢がある。
果実一つ当たり、6~15個程度結実するとされる。
根の特徴  
基準標本  
絶滅危惧 秋田県:絶滅危惧Ⅰ類、山形県:絶滅危惧Ⅰ類、新潟県:地域個体群、石川県:絶滅危惧Ⅱ類、京都府:絶滅危惧Ⅰ類、兵庫県:絶滅危惧Ⅰ類、鳥取県:絶滅危惧Ⅱ類、岡山県:絶滅危惧Ⅱ類
染色体数 2n=20
その他 多雪地帯に適応したものと考えられており、蔓状に茎を伸ばして新株をつくる性質を持つ。一面に拡がる傾向からクモノススミレとの別名がある。
TOP
 以前、広島と鳥取の県境でツルタチツボスミレと思わせる個体に出逢ったことがありましたが、葉質は柔らかそうで、茎の伸びも想像より短めだったため、不明扱いとした記憶があります。結果的に植栽品として本種を目にしましたが、花が終えそうな時期で、茎がTVアンテナのように枝分かれしていたのが印象的でした。ただ、葉質はテリハタチツボスミレとはまるで違う柔らかいイメージだったことが意外です。
2008/05/14
 ツルタチツボスミレの生い立ち、つまり、何者であるかについて、これまで諸説(主に独立説と、タチツボスミレやテリハタチツボスミレの変種説)がありました。
 金沢大学による2011年から2014年の研究によると、「新独立種として記載予定の『山陰型タチツボスミレ』から派生した独立種であるとの結論が得られた。さらに、どちらかといえば、エゾノタチツボスミレ類に入る結果となったが、詳細はさらなる解析が必要である。」とされています。
2017/10/28
TOP
徒然草 2017/11/14        
2017/11/14        
(2011/04/10) Latest Update 2018/09/02 [75KB]
TOP

あなたは2001年2月25日から Counter 人目です。 Thank you ! (^^*) © 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
TOP !