ヴィオラ・ポルタレシア - Viola portalesia -
ヴィオラ・ポルタレシア
チリ ロス・ルイルズ国立公園 2007年11月29日(撮影日ではない可能性がある)
作者 Jason Hollinger (Bush Violet)
[CC BY 2.0 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.0)],
via Wikimedia Commons

分類 (不明)
学名 基本種 Viola portalesia Gay
品種  
変種  
異名 Viola berteroniana Steud.
由来 portalesia :
外国語名 [チリ名] Violeta arbustiva
茎の形態 木本種
生育環境 一定の降雨がある森林などに生育する。低地、内部の谷、沿岸山脈、500~2,000m。
分布 国内  
海外 チリ中央部に分布が見られる。
補足 比較的大きめの低木タイプ。自生するチリでも希少。
花の特徴 形状 大輪。平坦なイメージで、側弁に白い微毛がある。
青紫色(空色)。中心部が白い。
 
花期  
花柱 有毛。
芳香  
草丈が高くなる。
葉の特徴 形状 小さめで細長い披針形。鋸歯が目立つ。
表裏面とも濃緑色。
 
種の特徴 形状 ほぼ球形。
茶褐色。
 
根の特徴  
絶滅危惧  
基準標本  
染色体数
参考情報 Fl. Chil.[Flora Chilena] 1: 209 1846.
その他 立性で草丈が約30cm程度。

 (2017/06/10) Latest Update 2019/01/15 [10KB]

ページのトップへ戻る