ヴィオラ・サクサティリス - Viola saxatilis -
ヴィオラ・サクサティリス
Stubaier Alpen (イタリア) 2006年6月20日
Bernd Haynold (selbst fotografiert - own picture)
[GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html), CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/) or CC BY 2.5 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.5)],
via Wikimedia Commons

分類 Melaniumグループ(節)
学名 基本種 ヴィオラ・サクサティリス Viola saxatilis F.W. Schmidt, 1794 Published in: Fl. boëm. 3:60 (1794)
変種
品種
異名 Viola tricolor L. ssp. saxatilis (F.W.Schmidt) Arcang.
由来 saxatilis : 岩上に生える
外語一般名
茎の形態 有茎種
生育環境 1,000-2,000m級の亜高山の岩場などに生育する。
分布 国内
海外 南ヨーロッパ(アルプス、ピレネー山脈)で見られる。
補足
花の特徴 形状 中輪。花全体の形状は園芸品種として流通するパンジーと同じ。
濃淡の黄色。中心部の一部が橙色。短い紫条が見られる。上弁が紫色を帯びる個体群、花全体が白くて唇弁の一部が黄色い個体群もある。
ほとんど目立たない。
花期 遅咲き。晩春から初夏まで咲く。
花柱
芳香 無香。
補足
葉の特徴 形状 長楕円形。
表裏面とも濃緑色。
補足 托葉HELP!が目立つ。
種の特徴 形状
補足 果実は無毛。
根の特徴
絶滅危惧情報
基準標本
染色体数 2n=26
参考情報
その他 情報が極めて少ない。
 このページではViola saxatilisを正名としましたが、異名としたViola tricolor ssp. saxatilisの方が正名であるとする説明も少なくない。
2015/12/08


(2015/12/08) Latest Update 2022/03/28 [75KB]

ページのトップへ戻る