コワシミズスミレ (強清水菫)
コワシミズスミレ コワシミズスミレ
長野県岡谷市 2003年6月7日
コワシミズスミレ
交雑種は特徴が安定せず、同じ組み合わせでも変化が大きい
今回出逢った個体は紅紫も綺麗な条が入る、ほんわりと美しい個体でした
コワシミズスミレ コワシミズスミレ
長野県岡谷市 2003年6月7日
交雑親 サクラスミレ シロスミレ
  • Viola hirtipes S. Moore
  • Viola patrinii DC.
学名
Viola x sp.
Viola hirtipes x patrinii
茎の形態 無茎種間の交雑種
生育環境 両親ともに、高原の明るい山地に自生するすみれで、同じ環境で見つかる。
分布 国内
海外
補足
花の特徴 形状 サクラスミレ状に幅広の大輪。側弁に白毛が密生することが多い。
ほとんど白色から、青紫のぼかし、紫条がきれいに入る個体まで変化がある。上弁の裏が強い紅紫色を示すのは共通の特徴。
距は紅紫色を帯び、ぷっくりとした袋状。
花期
花柱
芳香
補足
葉の特徴 形状 両親の中間的な特徴を示し、長い三角形状になる。ただし、交雑親の特徴によって変化が大きい。
裏面は緑色。
補足
根の特徴
絶滅危惧情報
基準標本 (不詳)1978年に鈴木才将氏が霧ヶ峰で見出したとされる。
参考情報
その他 コワシミズスミレという少し変わった名前は、鈴木進氏による最初の発見地名(強清水,1975年)に由来するが、 実は、その個体がキリガミネスミレ(スミレxシロスミレ)であったことが、後になって判明したというエピソードが知られている。不稔。

コワシミズスミレ コワシミズスミレ
同定については少し悩んでいます
花の形は別として、2003年に見つけた株たちの方が典型品!
サクラスミレは開花後に退色しますが、その中で、これは白色系と思われました
コワシミズスミレ
うまく開花できなかった株ですね
長野県岡谷市 2007年6月1日
 開花の時期や生育環境が近いので、この組み合わせは想定できる訳ですが、現実に自然交雑種に出逢う確率はとても低そうです。『原色日本のスミレ』でも、増補版で追加記載されました。その記載によりますと「交配しにくい雑種のようであり、キリガミネスミレよりはるかに生育地が少ない」と説明されています。
2003/06/13

 (2003/06/13) Latest Update 2019/03/04 [240KB]

ページのトップへ戻る