←戻る
次へ進む→
スズキスミレ 進む→
次へ進む→
 ヒゴスミレとスミレの組み合わせで、園芸店でも良く見掛ける交雑種スズキスミレです。自然交雑種もあるのですが、どちらかと言えば、鈴木吉五郎氏が作出した人工交配種であり、すみれ園芸化の先駆け的存在というイメージが強いと思っています。ヒゴスミレが片親でもキクバという冠が付きませんね。もう一方の親がスミレですが、スミレの系統はほとんどの場合、地名や人名などが付けられるようです。
 写真は青系の花を咲かせていますが、赤系のスズキスミレは評判が良いと聞きます。スミレが多彩な変異を持ちますので、ハイブリッドのスズキスミレは輪をかけて変異があり、更に4倍体由来の交雑種も増え、普通に流通するようになりました。この組み合わせが日本のパンジーになったら楽しいですね。
ページのトップへ戻る